打てば響く-ドラム・パーカッション、銭湯とサウナの活動記録-

ドラム・パーカッションを主に演奏する書き手の音楽活動、および小説や洋楽英詞和訳など執筆活動記録。また、それらを継続させるための健康活動(運動・銭湯・サウナ)記録。銭湯好きがこうじて温泉ソムリエ & 銭湯検定3級を取得しました。

【銭湯】「万年湯」(新宿区・新大久保)気品あり美麗。電気マッサージ風呂に感動、おためしあれ!

f:id:kuriyama1youth:20190502001231p:plain

どうもこんにちは。クリヤマ(@kuriyama1youth)です。どちらかといえばサウナより銭湯派です。デカい風呂はさいこう♨️

 

というわけでバンド(本日5/6ライブのロイヤルナインミニッツです!)の朝練が新宿でありまして、以前より気になっていた新宿の銭湯さんに向かってみようと営業開始時間の15時より伺いました〜。

 

今回は2019/4/30昼入店@万年湯(新宿区・新大久保)をご紹介いたします!

 


CONTENTS

 

全面リニューアルの店内は「和」の雰囲気。日本語/英語表記も

 

山手線「新大久保」駅下車、徒歩5分の立地にある「万年湯」さん。

じぶんは新宿からでしたので、北へとコリアンタウンを抜けて行きました。化粧品や食べ物屋さん、韓流タレントの写真とか売ってたり昔の原宿みたいだな〜と、とても楽しげ。

 

活気が溢れるなかを通り抜けて、大通りに。そこをちょいと奥まったところに大きな鳥居を発見。少し坂になった先をのぼると、「万年湯」さんの入り口に突き当たります。

 

f:id:kuriyama1youth:20190506113808p:plain

 

2016年8月21日リニューアルオープンした「万年湯」さんは意匠のひとつひとつがカッコいいし綺麗。

「都会の隠し湯として皆様に愛される銭湯を目指してまいります」とのことです。

 

活気と落ち着きが同居する店内、バンドマンも愛用

 

引き戸から入ると、番頭さんが元気な声で出迎えてくれました。券売機方式でいろいろと教えてくれたりとか、また、奥に楽器類が多く置かれているのをみて、「ここはよくバンドの人が来られるのですか?」と聞くと、ていねいに愛用されていることを伝えていただきました。

 

俺も楽器機材をキャリーカートで持ってきたため、他のお客さんの邪魔にならないようにいろいろと教えてくれたりとか。ふだんカートを引くことで邪魔にならないかな、と考えている者としてはありがたい配慮です。

 

また、俺は銭湯お遍路のスタンプラリーをしているのですが、万年湯さんは3種類あるとのこと。

昔ながらのものと、銭湯ハンコ作家のトシゾーさんが手がけているものとそれぞれあるようです。

どんなデザインかは実際に行ってみて確かめてみてください。とても綺麗でした〜。

 

f:id:kuriyama1youth:20190506114725j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

f:id:kuriyama1youth:20190506114758j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

f:id:kuriyama1youth:20190506114911j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

  

ロッカーひとつにも「和」が。カッコいい脱衣所

f:id:kuriyama1youth:20190506115020j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

f:id:kuriyama1youth:20190506115124j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

 

飛び交う青い鶴がクールなタイル絵、施設面もグッド!

f:id:kuriyama1youth:20190506115228j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

f:id:kuriyama1youth:20190506120119j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

もー、はいこれカッコいいー、ですよね。

飛び交う青い鶴のタイル絵なんか惚れ惚れします。

でもカッコいいだけじゃありません。でてくるお湯は浴槽・蛇口ともにぜんぶ硬度成分を濾過した、肌にやさしい軟水を使用されておられるとのこと。

 

バリアフリーもしっかりしていますし、これから掲載するサイトのお写真にはないものもありますが、現在はところどころお湯などの特徴に日本語・英語が一緒に記載されています。

 

新宿・新大久保という多くの外国人の方が訪れるという考えもあっての配慮だと思いますが、たいへん好もしい。

外国の友人にも気軽におすすめできそうです。

 

f:id:kuriyama1youth:20190506115637j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

立ちシャワーが一ヶ所。

 

f:id:kuriyama1youth:20190506115325j:plain

f:id:kuriyama1youth:20190506115605j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

中温風呂・座風呂は41℃に針が示しておりました。

 

f:id:kuriyama1youth:20190506115304j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

高温風呂は44℃で、シルク風呂として女性にも嬉しい美容効果が期待できそう。

 

f:id:kuriyama1youth:20190506115709j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

水風呂は18℃で、前述のお風呂との温冷交互浴で良い塩梅に整いました〜。

 

衝撃の電気風呂、マッサージ機能がすごい!

f:id:kuriyama1youth:20190506115800j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

そして、今回もっとも衝撃を受けたのがこの電気風呂です……!

 

なかなかあかないな、と思ってみて最後に入ったのですが、これが何段階もの電気マッサージを備えたものでした。

電気風呂がちょっと弱めの自分でも、最初は優しく、それから直にマッサージされているような感触で本当に驚き。

 

「万年湯」さんの電気風呂、ふだん俺と同じようにニガテな人もぜひ試してみてください。気持ちよかったです〜。

 

どなたでも落ち着けるような場所「万年湯」さん

 

f:id:kuriyama1youth:20190506115458j:plain

画像出典:「万年湯」さん公式ホームページ( https://mannenyu.jp/

レセプションルームで一息ついて、さて帰ろうと番頭さんに礼を言ってあとにします。

 

 

偶然なんですが、平成最後の銭湯さんがこの「万年湯」さんになりました。

 

「万年湯」さんもそうでしたが、どこか異国情緒ただようこの土地をぶらぶら歩いていると、多様性っていうのは悪くないよな、つか普通だよな、と心から思います。なんかヘンな既成概念とかは平成で捨てていきたかったもんですね。

 

とはいえ西暦だと地続きなんで気をつけたいもんです。ふにゃらかと、ホットグおいしいと、能天気に食べ歩きながら帰路につきましたー。

 

新宿・新大久保にお越しの際はマジおすすめです。

ぜひとも!( ´ ▽ ` )

 

銭湯概要

住所:新宿区大久保1-15-17
営業時間:15時〜24時
定休日:土曜日
料金:公衆浴場料金

大人 / 12 才以上         460円

中人 / 6才以上12才未満(小学生) 180円

小人 / 6才未満(未就学児)     80円

 

----

 

 

「万年湯」さんが好みでしたらこちらも! 当ブログ過去記事での「オススメ銭湯さん」( ´ ▽ ` )

 

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com