打てば響く-ドラム・パーカッション、銭湯とサウナの活動記録-

ドラム・パーカッションを主に演奏する書き手の音楽活動、および小説や洋楽英詞和訳など執筆活動記録。また、それらを継続させるための健康活動(運動・銭湯・サウナ)記録。銭湯好きがこうじて温泉ソムリエ & 銭湯検定3級を取得しました。

【英詞和訳】【小説】David Bowie ”Space Oddity”(20150124朗読歌唱会記録)

f:id:kuriyama1youth:20190523145008j:plain

スペイス・オディティ<2015リマスター>

David Bowie ”Space Oddity”

ソングライター: DAVID BOWIE
スペイス・オディティ 歌詞 © S.I.A.E. Direzione Generale, Essex Music International, Essex Music International Inc., Onward Music/Essex Retentions c/o Bucks Music, ONWARD MUSIC LTD, Onward Music/essex Retentions C/o Bucks Music Ltd

 

Ground Control to Major Tom
Ground Control to Major Tom
Take your protein pills
and put your helmet on

 

Ground Control to Major Tom
Commencing countdown,
engines on
Check ignition
and may God's love be with you

 

[spoken]
Ten, Nine, Eight, Seven, Six,
Five, Four, Three, Two, One, Liftoff

 

This is Ground Control
to Major Tom
You've really made the grade
And the papers want to know whose shirts you wear
Now it's time to leave the capsule
if you dare

 

 

This is Major Tom to Ground Control
I'm stepping through the door
And I'm floating
in a most peculiar way
And the stars look very different today

 

For here
Am I sitting in a tin can
Far above the world
Planet Earth is blue
And there's nothing I can do

 

Though I'm past
one hundred thousand miles
I'm feeling very still
And I think my spaceship knows which way to go
Tell my wife I love her very much
she knows

 

Ground Control to Major Tom
Your circuit's dead,
there's something wrong
Can you hear me, Major Tom?
Can you hear me, Major Tom?
Can you hear me, Major Tom?
Can you....

 

 

Here am I floating
round my tin can
Far above the Moon
Planet Earth is blue
And there's nothing I can do.

 

 

20150124朗読歌唱会記録

 

ぼくは帰れない


原作・デヴィッド・ボウイ『スペース・オディティ』

 

「こちら地上管制室からトム少佐へ。

 プロテインを服用しヘルメットを着用せよ。
 トム少佐へ、カウントダウンを開始する。

 エンジン始動。装置点火確認――、
 安心しろ、神の愛は君と共にある」

 

(テン、ナイン、エイト、セブン、シックス、ファイブ、フォー、スリー、ツー、ワン)

 

(リフト・オフ)

 

 


「こちら管制室からトム少佐へ。成功だ。君は見事に目標に到達した。

 さっきからマスコミがいま君の着ているシャツはどこのメーカーだとか訊かれてうるさいよ。
 そろそろカプセルを切り離す時間だ。

 ――準備はいいか?」 

 

「……こちらトム、地上管制室へ伝えたいことがある。
 今ぼくはドアから一歩足を踏み出したところだ。
 奇妙な格好で『僕は』この宇宙を漂っている。
 今日はなんだか星たちがいつもと違って見えるよ。
 あなたがたのいる世界のはるか頭上で、ぼくはブリキ缶にまたがっている。

 

 地球はとても青い。
 だけど――、ぼくにできることはなにもない。

 

 十万マイルの旅路を終えてぼくは今、とても静かな気分だ。
 この宇宙船は帰路を知っているのだろう?

 

 ――妻に、『愛している』と伝えてくれ。
『知っているわ』なんて、言うかもしれないけど」

 

「トム少佐! こちら地上管制室。馬鹿なことはやめろ、
 暗黒空間は死の場所だ。気でも狂ったか?
 応答してくれ、トム少佐。
 聞こえるか、トム少佐。
 頼む、トム少佐、聞こえ――」

 

 でも、ぼくはブリキ缶に座ったまま。
 月のはるか上で漂っている。

 

 地球は青い。
 ぼくにできることはなにもない。

 

 

 

 

 

スペイス・オディティ<2015リマスター>

ja.wikipedia.org

【過去記事】英詞和訳記事 

kuriyama1youth.hatenablog.com

 

kuriyama1youth.hatenablog.com