栗山真 - 打てば響く

ドラム・パーカッションを主に演奏する書き手の小説や洋楽英詞和訳など執筆活動記録。また音楽活動とそれらを継続させるための健康活動を記録しています。

【英詞和訳】Belle and Sebastian "The Boy Done Wrong Again"「僕はこの世で最も悲しい歌を歌いたいだけ」

 

Belle and Sebastian "The Boy Done Wrong Again" 筆者和訳

 

The Boy Done Wrong Again

「少年はまた誤ちを犯される」

1996, from album "If You're Feeling Sinister"

  

The boy done wrong again
Hang your head in shame and cry your life away
The boy done wrong again
Hang your head in shame and cry your life away
Are you ok now?
Are you ok now?

 

On Saturday I was an angel shining fair
You shone louder, longer
You put my shine to shame
Put me to shame now
Put me to shame

 

What is it I must do to pay for all my crimes?
What is it I must do?
I would do it all the time
Do it all the time, now

 

All I wanted was to sing the saddest song
If somebody sing along I will be happy now

 

The woodland spring will put the darkness from your thinking
If this town's your sinking ship
Then you know where to jump

 

Talking dirty, for a hobby it’s fine
So pour another glass of wine
I'll think of England this time

 

All I wanted was to sing the saddest song
If somebody sing along I will be happy now

 

Oh, if you would sing along
If you'd only sing along
I would be happier

 

 

少年はまた誤ちを犯される

羞恥心のあまり首を吊る

泣き叫び命が失われる

少年はまた誤ちを犯される

羞恥心のあまり首を吊る

泣き叫び命が失われる

君はいま大丈夫かい?

君はいま大丈夫かい?

 

土曜日に僕は公平に輝く天使だった

君は輝いていた、より大きく、より長く

僕の輝きが恥ずかしいくらいに

いま僕の面目を潰してくれて構わない

恥をかかせてくれ

 

僕の罪を全て償うには何をしなければならないだろう?

何をしなくてはならないんだ?

僕は常にそれをやるべきことをやる

常にやるんだ、今からでも

 

僕はこの世で最も悲しい歌を歌いたいだけだ

もし誰かが合わせて歌うなら僕はきっと幸せになる

 

森の春は君の思考から暗闇について説明する

この町が君の沈みゆく舟ならば

君は知っている どこへ跳び逃げればいいかを

 

口汚く話したとして、楽しみのためなら大丈夫

だからワインをもう一杯注ごう

僕はイングランドについて考える 今回は

 

僕はこの世で最も悲しい歌を歌いたいだけだ

もし誰かが合わせて歌うなら僕はきっと幸せになる

 

ああ、もし誰かが合わせて歌うなら

もし誰かが合わせて歌うなら

僕はより嬉しくなるだろう

 

 

 

 

 

ソングライター: Campbe / Christopher Geddes / Isobel Campbell / Michael Cooke / Richard Colburn / Sarah Martin / Stephen Jackson / Stuart Murdoch
The Boy Done Wrong Again  歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

  

About this article

英語学習のため、スペルミスを減じるためにもブログで好きな曲の歌詞を直接タイピングを。また、文芸的解釈について理解を深めるための和訳をしております。

直訳ではないため、かなり独自の解釈で意訳している箇所もあります。

なにとぞご承知のほどよろしくお願いいたします。

 

 

【過去記事】英詞和訳 

 

www.kuriyama1youth.com

www.kuriyama1youth.com

 

www.kuriyama1youth.com

www.kuriyama1youth.com

 

www.kuriyama1youth.com

www.kuriyama1youth.com

www.kuriyama1youth.com

 

kuriyama1youth.hatenablog.com

kuriyama1youth.hatenablog.com

 

www.kuriyama1youth.com

 

kuriyama1youth.hatenablog.com

www.kuriyama1youth.com 

www.kuriyama1youth.com

 

kuriyama1youth.hatenablog.com

 

kuriyama1youth.hatenablog.com

 

kuriyama1youth.hatenablog.com

 

 

f:id:kuriyama1youth:20190824064307j:plain